漢方治療を脳外科疾患で苦しむ患者さんのために

松村代表理事挨拶

漢方は古くから存在するExperienced Based Medicineであり、本学会における症例報告や臨床研究から漢方の有効性を実感していただき、「自分も漢方を使ってみよう」という脳神経外科医が一人でも多くなることを願ってやまない。
日本脳神経外科漢方医学会 代表理事 松村 明
松村 明 脳神経外科領域においては様々な症状に対して漢方が用いられており、その有効な使い方などを学ぶために1996年に「脳外科と漢方」研究会が発足し、約25年の歴史を重ねて参りました。

 第1,2回の年次大会は駿河台日本大学病院で開催され、その後、久間祥多先生、上田守三先生、松島善治先生、藤本司先生、片山容一先生(前代表常任理事)が大会長として本会を盛り上げて来られました。2001年の第10回学術集会において本研究会は「日本脳神経外科漢方医学会」と改組されました。その後、2008年(松村明大会長)には日本脳神経外科学会の3点クレジット(履修単位)学会としての登録申請が行われ、翌2009年にクレジット3点対象学会として認められると参加者は100名以上となり、2011年の第20回 大会(東京医科歯科大学 大野喜久郎教授)以降は参加者が毎年200名を超え、会員も400名以上の学会に大きく発展しました。

 2014年には日本大学 吉野篤緒教授が取り纏め役となり、日本脳神経外科漢方医学会EBM委員会が執筆・監修したテキスト「EBMによる日本脳神経外科領域の漢方の使い方」が発刊されました。さらには2015年から「脳神経外科と漢方」が査読付き学会機関誌となり、一層レベルの高いものとなりました。2019年からは生涯教育研修会の認定(領域講習1単位)を受けております。

 日本脳神経外科漢方医学会は今後とも発展を続け、会員の皆様の日常診療の中での役立つ漢方診療の啓蒙に尽力していきたいと考えています。