心身医学と東洋医学の融合

「日本東洋心身医学研究会」会則施行細則

第1章 会費

第1条  年会費は2000円とする。
     また、学術集会については別に参加費を徴収するものとする。
     学術集会参加費については会員1000円、非会員5000円とする。

第2章 会議

第2条  1.理事会の議決は理事の過半数の出席をもって成立する。
     2.委任状は出席とみなす。
第3条  1.理事会の議決は出席理事の過半数をもって決定する。
     2.可否同数の場合は理事長の決するところによる。

第3章 学術集会

第4条  会則18条の学術集会は、第○○回日本東洋心身医学研究会と呼称する。
第5条  学術集会は学術集会会長が運営する。

第4章 役員の選任規定

第6条  本会の役員の選任は、会則の規定に従うものとする。
第7条  理事長は理事の互選により、理事会で決定する。
     副理事長は理事長が指名し理事会で承認する。
     尚、理事長がその職務を遂行できないときは副理事長がこれを代行する。
第8条  学術集会会長は正会員の中から役員の推薦により、理事会で決定する。
第9条  理事は正会員の中から役員の推薦により、理事会で決定する。
第10条 監事は正会員の中から理事長が指名し、理事会の承認を得るものとする。

第5章 編集委員会

第11条 1.編集委員長は理事長が推薦し、理事会で決定する。
     2.編集委員は編集委員長が推薦し、理事会で決定する。
     3.編集委員会は投稿論文を査読する。
     4.編集委員会は年1回以上開催する。
     5.編集委員会は研究奨励賞の選考をおこなう。
     6.研究奨励賞の選考は菊池賞選考基準に基づき受賞者を決定する。




第6章 会則委員会

第12条 1.会則委員長は理事長が推薦し、理事会で決定する。
     2.会則委員は会則委員長が推薦し、理事会で決定する。
     3.会則委員会は会則および細則を検討する。
     4.会則委員会は必要に応じて会則委員長が召集する。

第7章 広報委員会

第13条 1.広報委員長は理事長が推薦し、理事会で決定する。
     2.広報委員は広報委員長が推薦し、理事会で決定する。
     3.広報委員会は会の広報活動ならびに会員の確保を促進する。
     4.広報委員会は必要に応じて広報委員長が召集する。


第8章 補則

第15条 会則およびこの細則の施行に関し必要な規則等は理事会の議決を経て定める。

付 則
本施行細則は1995年1月1日より施行する。
本施行細則は2002年11月22日一部改正。
本施行細則は2007年2月17日一部改正。
本施行細則は2012年3月10日一部改正。
本施行細則は2016年3月5日一部改正。
本施行細則は2017年3月4日一部改正。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「日本東洋心身医学研究会」会則施行細則

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kenkyukai.com/mt_sys/mt-tb.cgi/52

コメントする