心身医学と東洋医学の融合

概要

日本東洋心身医学研究会について

名称:日本東洋心身医学研究会

事務局: 〒113-8655
  東京都文京区本郷7-3-1
  東京大学医学部附属病院 心療内科 内

理事長:山岡 昌之(日本摂食障害治療研究所 所長)


目的: 本会は心身医学と東洋医学に関する研究を推進し、その成果の普及を図り、もって我が国における学術の発展に寄与することを目的とする。

事業: 本会は目的達成のため、次の事業を行う。
1)学術集会の開催
2)会誌「日本東洋心身医学研究」等必要な出版物の発刊
3)関連学会・諸団体との連携
4)その他、本会の目的に必要な事業

沿革:  日本東洋心身医学研究会は、当時の東京大学心療内科科長の石川 中先生と松田医院の松田邦夫先生が中心となり、心療内科医が主に漢方を勉強する目的で、株式会社ツムラとの共催で設立された。
 第1回の研究会は昭和57年(1982年)2月18日に開催されており、演題は、石川先生は「心身医学の新しい動向」、松田先生は「漢方医学総論」となっている。当初はほぼ月1回の割で行われており、第2回以降第5回までは石川先生の心身医学、松田先生の漢方医学の解説が主な演題となっている。
 第6回からは石川先生に替わり、心療内科の各先生方が各自の専門領域について講演され、第10回(昭和58年<1983年>)からは松田先生に替わり、漢方の専門医が解説を担当している。この頃より研究会は3ヶ月に1回開催されるようになり、心身医学関係は症例報告が主になった。
 第15回(昭和60年<1985年>)からは年2回(1月と7月)に開催されるようになり、会長も決められ、プログラムも次第に充実し、シンポジウム("気"や"証"など)も行われるようになった。
 その後、第27回(平成3年<1991年>)からは現在のように、年1回の開催となり、会員数も当初数十名であったものが、平成19年度(2007年)は300名近くになっている。
 表は第15回からの歴代会長を示す。

■第15回(昭和60年<1985年>)~第52回(平成28年<2016年>)研究会歴代会長
会長 会長
15 桂 載作 34 佐々木 大輔
16 樋口 正元 35 久保 千春
17 筒井 末春 36 高口 慎一郎
18 菊池 長徳 37 山岡 昌之
19 河野 友信 38 山本 晴義
20 末松 弘行 39 久保木 富房
21 内田 安信 40 岡 孝和
22 松田 邦夫 41 芦原 睦
23 大塚 恭男 42 野添 新一
24 吾郷 晋浩 43 村上 正人
25 長田 洋文 44 中井 吉英
26 山崎 可夫 45 伊藤 隆
27 江川 充 46 本郷 道夫
28 鴨下 一郎 47 西田 愼二
29 樋口 正夫 48 坪井 康次
30 桂 載作 49 乾 明夫
31 佐藤 弘 50 福土 審
32 磯島 正 51 井出 雅弘
33 杵渕 彰 52 福永 幹彦