痛みとの決別。漢方治療を痛みで苦しむ患者さんのために

会則

「日本疼痛漢方研究会」会則

第 1 章 総則

【名称】
第 1 条 本研究会は「日本疼痛漢方研究会(Japanese Association of Pain and Kampo Medicine)」(以下本会)と称する。

【事務局】
第 2 条 本会は事務局を、島根大学医学部 麻酔科学教室におく。
(住所:島根県出雲市塩冶町89-1)
2 事務局業務を外部委託することができる。

【目的】
第 3 条 本会は『痛み』に関して漢方を用いた研究を行い、また意見交換を通し、当該領域における治療法の普及拡大をはかることによって、医学と医療の発展に寄与することを目的とする。

【事業】
第 4 条 本会は、前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行う。
(1) 学術集会の開催
(2) 会誌「痛みと漢方」などの刊行物の発行
(3) その他本会の目的を達成するために必要な事業


第 2 章 会員

【会員】
第 5 条 本会の会員は次に掲げる正会員、名誉会員とする。
(1) 正会員とは本会の目的に賛同する医師、歯科医師、薬剤師および研究者等をいう。
(2) 名誉会員とは本会のために特に功労があった者で、別に定める細則に基づき、名誉会員の称号を与えられた者をいう。

【入会・退会の手続き】
第 6 条 本会に入会しようとする者は、本会所定の入会申込用紙を事務局に提出しなければならない。
退会しようとする者は、その旨を事務局に申し出る。

【会費】
第 7 条 本会の会員は別に定める会費を納入しなければならない。ただし、名誉会員の会費は免除する。

【資格の喪失】
第 8 条 会員は次に掲げる事由によってその資格を喪失する。
(1) 退会を申し出たとき
(2) 会費を引き続き 3 年以上滞納したとき
(3) 死亡したとき
(4) 除名されたとき

【除名】
第 9 条 本会の名誉を著しく汚した正会員は、代表世話人が世話人会にはかり、これを除名することができる。


第 3 章 役員

【役員】
第 10 条 本会に次の役員を置く。
(1)代表世話人 1 名
(2)常任世話人 若干名
(3)学術集会会長 1 名
(4)世話人 若干名
2 役員の定員は20 名以内とする。

【役員の選任】
第 11 条 代表世話人は常任世話人の互選により常任世話人会で決定され、世話人会で承認される。
2 常任世話人は世話人の中から代表世話人または常任世話人の推薦に基づき世話人会で決定される。
3 学術集会会長は正会員の中から役員の推薦に基づき世話人会で決定される。
4 世話人は正会員の中から役員の推薦に基づき世話人会で決定される。

【役員の任期】
第 12 条 学術集会会長を除く役員の任期は2 年とし、再任を妨げない。
2 学術集会会長の任期は1 年とし、学術集会の翌日より、主催する学術集会の最終日までとする。

【役員の職務】
第 13 条 代表世話人は本会の運営を統括し、総会、世話人会及び常任世話人会の開催及び議事進行を行う。
2 常任世話人は世話人会及び常任世話人会を組織し、会務を執行する。
3 学術集会会長は学術集会を主催する。
4 世話人は世話人会を組織し、会務を執行する。


第 4 章 監事
【監事】
第 14 条 本会に監事2 名を置く。

【監事の選任】
第 15 条 監事は会員の中から代表世話人が指名し、世話人会で承認される。

【監事の任期】
第 16 条 監事の任期は2 年とし、再任を妨げない。

【監事の職務】
第 17 条 監事は本会の会務を監査し世話人会に報告する。


第 5 章 顧問

【顧問】
第 18 条 本会に名誉会員の中から若干名の顧問を置くことができる。顧問は本会の運営等について世話人会で助言することができる。ただし、議決には加わらない。

【顧問の選任】
第 19 条 役員は次に掲げる該当者の中から顧問の候補者を推薦することができる。その推薦に基づき世話人会で決定する。
(1)代表世話人および代表世話人であった者


第 6 章 会議

【総会】
第 20 条 総会は原則として毎年 1 回開催され、事業計画、経過、会計等の報告を行い、承認を受けるものとする。
2 総会は代表世話人が招集し、議長には代表世話人を充てる。
3 総会は正会員、名誉会員をもって構成する。

【常任世話人会】
第 21 条 常任世話人会は必要に応じて開催され、代表世話人の選任など重要事項を審議し、議決する。
2 常任世話人会は代表世話人が招集し、議長には代表世話人を充てる。
3 常任世話人会は代表世話人、常任世話人をもって構成する。
4 常任世話人会は代表世話人および常任世話人総数の過半数の出席(委任状を有効とする)をもって成立する。
5 議決は代表世話人および常任世話人出席数の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

【世話人会】
第 22 条 世話人会は原則として年1回開催され、会則の変更ほか本会の運営に関する諸事項を審議し、議決する。
2 世話人会は代表世話人が招集し、議長には代表世話人を充てる。
3 世話人会は役員、監事をもって構成する。
4 世話人会は役員総数の過半数の出席(委任状を有効とする)をもって成立する。
5 議決は役員出席数の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。


第 7 章 学術集会

【学術集会の開催】
第 23 条 本会は学術集会を年1 回学術集会会長が主催して開催する。
2 学術集会参加者には別に定める参加費を徴収するものとする。ただし、名誉会員の参加費は免除する。


第 8 章 刊行物

【学術雑誌の刊行】
第 24 条 本会の学術記録誌として「痛みと漢方」を年1回以上発刊する。


第 9 章 各種委員会

【各種委員会の設置】
第 25 条 本会は事業を遂行するために、必要に応じて各種委員会を設置することができる。

【編集委員会】
第 26 条 本会に編集委員長及び若干名の編集委員により構成される編集委員会をおく。編集委員会は、「痛みと漢方」を編集する。


第 10 章 資産及び会計

【資産の構成】
第 27 条 本会の資産は次のとおりとする。
(1) 会費
(2) 寄附金
(3) その他の収入

【会計年度】
第 28 条 本会の会計年度は毎年6 月1 日から翌年5 月31 日までとする。


第 11 章 会則の変更

【会則の変更】
第 29 条 本会則は世話人会の議を経て変更することができる。

付 則
本会則は2008年11月6日より施行する。
本会則は2015年7月11日一部改正。
本会則は2016年7月2日一部改正。



「日本疼痛漢方研究会」会則施行細則

【会費】
第 1 条 会費は年額3,000円とする。

【学術集会参加費】
第 2 条 学術集会参加費は会員2,000円、非会員7,000円とする。

【役員の定年】
第 3 条 学術集会開催日をもって66 歳以上の者は定年とし、役員を退任する。

【名誉会員の推薦】
第 4 条 代表世話人は、次に掲げる該当者の中から名誉会員の候補者を推薦することができる。その推薦に基づき世話人会で決定する。
(1)役員および役員であった者
(2)本会に多大な貢献のあった者

【編集委員会】
第 5 条 編集委員会に、必要により編集副委員長、英文校閲委員をおくことができる。
編集委員長及び編集委員を含むすべての構成員の任期を学術集会の翌日から次回
学術集会までの1 年とする。ただし、再任を妨げない。なお、学術集会開催日をもって66 歳以上の者は定年とし、委員を退任する。

【編集委員等の選出】
第 6 条 編集委員長は、会長をもって充てる。編集副委員長、編集委員、英文校閲委員は、代表世話人の推薦に基づき世話人会で決定される。

【細則の変更】
第 7 条 本細則は世話人会の議を経て変更することができる。


付 則
本細則は2008年11月6日より施行する。
本細則は2012年8月4日一部改正。
本細則は2016年7月2日一部改正。(会費は2017(平成29)年度会費より適用する。)