痛みとの決別。漢方治療を痛みで苦しむ患者さんのために

概要

日本疼痛漢方研究会について

名称:日本疼痛漢方研究会

事務局: 〒693-8501
  島根県出雲市塩冶町89-1
島根大学医学部 麻酔科学教室 内

代表世話人:齊藤 洋司(島根大学医学部 麻酔科学 教授)


目的: 日本疼痛漢方研究会は「痛み」に関して漢方を用いた研究を行い、また意見交換を通し、当該領域における治療法の普及拡大をはかることによって、医学と医療の発展に寄与することを目的とする。

事業: 1.学術集会の開催
2.会誌「痛みと漢方」などの刊行物の発行
3.その他本会の目的を達成するために必要な事業

沿革: 本研究会の始まりは1988年8月に開催された「第1回痛みと漢方シンポジウム」にさかのぼる。その後、1995年に「痛みと漢方研究会」へ名称変更し、1998年より、現在の「日本疼痛漢方研究会」へ変更した。学術集会の開催、「痛みと漢方」の発行を主として活動している。