漢方の可能性を患者さんに

概要

産婦人科漢方研究会について

名称: 産婦人科漢方研究会

事務局: 〒160-8582
  東京都新宿区信濃町35
  慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 内

代表世話人:齋藤 滋(富山大学医学部産科婦人科学教室 教授)


目的: 本会の目的は産婦人科領域における漢方療法に関する研究を通じて、漢方医学の普及と件鑽を図ることを目的とする。

事業: 本会の目的を達成するために次の事業を行う。
1)毎年1回以上、学術集会「産婦人科漢方研究会学術集会」を開催する。
2)機関誌「産婦人科漢方研究のあゆみ」を発行する。
3)その他、本会の目的に必要な調査・研究・知識普及などの事業を行う。

沿革:
1981(S56) 新潟大学教授 竹内正七先生、東京女子医科大学 坂元正一先生を中心として第1回日本産婦人科漢方研究会開催(日本産科婦人科学会最終に開催)
1984(S59) 記録集「産婦人科漢方研究のあゆみ」発行(第3回研究会発表演題掲載)
1995(H7) 第15回産婦人科漢方研究会より日本産科婦人科学会最終日開催から独立して9月に開催される
2010(H22) 第30回研究会開催 記念大会として演題採択基準を症例10症例以上とし、優秀な演題でシンポジウムを組む。
2011(H23) 第31回研究会開催  第1回優秀演題賞を行う

■歴代当番世話人(第15回~)
当番世話人 当番世話人
15 矢内原 巧 26 本庄 英雄
16 青野 敏博 27 星合 昊
17 佐藤 和雄 28 稲葉 憲之
18 玉舎 輝彦 29 山本 樹生
19 野澤 志朗 30 齋藤 滋
20 大濱 紘三 31 苛原 稔
21 麻生 武志 32 杉山 徹
22 石川 俊男 33 嘉村 敏治
23 野田 洋一 34 水沼 英樹
24 田中 俊誠 35 久保田 俊郎
25 太田 博明 36 井坂 惠一