漢方治療を脳外科疾患で苦しむ患者さんのために

会則

日本脳神経外科漢方医学会会則

(名称)
第一条 本会は、日本脳神経外科漢方医学会(The Japanese Society for Kampo Medicine and Neurological Surgery)と称する。

(目的)
第二条 本会は脳神経外科領域における漢方療法に関する研究を通じて、漢方医学の普及と研鑚を図ることを目的とする。

(事業)
第三条 本会の目的を達成するために次の事業を行う。
第一項 毎年少なくとも1回の学術集会を開催する。
第二項 機関誌を発刊する。
第三項 本会の目的に必要な調査・研究・知識の普及などの事業を行う。

(会員)
第四条
第一項 本会の会員は第二条の目的に賛同する医師および医療従事者で構成する。
第二項 会員から年会費を徴収する。
第三項 原則として、5年間会費を滞納した者は、自然退会とする。

(組織・運営)
第五条 本会運営の為に以下の役員を置く。
会長、常任理事、理事、監事、評議員および顧問。
第一項 会長は、前々会長の推薦により理事ないし評議員の中から選任する。
会長は本会を代表し、学術集会を主催し、本会の会務にあたる。任期は前学術集会の翌日より開催する学術集会の最終日までとする。
第二項 本会に理事会が必要と認めたときには顧問を置くことができる。
第三項 本会に特別に功労のあった会員を理事会で名誉会員として推挙決定する。

(常任理事)
第六条 常任理事は理事会において理事の互選により選任する。常任理事の任期は1年とするが、再任を妨げない。常任理事会は会長と常任理事により構成する。常任理事会は年1回以上開催し、以下の事項を協議し決定する。
第一項 学術集会の開催に関する事項
第二項 本会の運営に関する事項
第三項 会則の変更
第四項 本会会員に関する事項
第五項 本会の目的に必要な調査、研究、知識の普及などの事業に関する事項
第六項 その他必要と認めた事項

(理事)
第七条 理事は常任理事の推薦に基づき、理事会で承認を得て選任する。
理事会は必要に応じて会長ないし常任理事の発議によって招集される。

(監事)
第八条 監事は常任理事の推薦に基づき、理事会で承認を得て選任する。
監事は、本会の会計を監査し、毎年の学術集会において監査報告を行う。

(評議員)
第九条
第一項 評議員は理事の推薦に基づき、理事会で承認を得て選任する。
第二項 評議員は毎年開催される学術集会に連続して出席しない場合には常任理事会に諮った上、その資格を失う。

(会計)
第十条 本会の事業年度は毎年1月1日より,同年12月31日までとする。

(事務局)
第十一条 本会の事務局を東京都板橋区大谷口上町30-1、日本大学医学部脳神経外科学教室に置く。
なお、事務局業務の一部は外部委託することができる。

(資格喪失)
第十二条 会員が死亡し、又は退会した時はその資格を失う。

附則 1)本会則は平成12年11月11日より実施する。
2)本会則は平成13年11月24日より改正施行する。
3)本会則は平成20年11月8日より改正施行する。
4)本会則は平成22年2月12日より改正施行する。
5)本会則は平成28年4月8日より改正施行する。
6)本会則は平成28年11月5日より改正施行する。


日本脳神経外科漢方医学会細則
1.会計
年会費は3,000円とする。
但し、顧問および名誉会員は年会費を免除する。
年会費とは別に、学術集会参加者から参加費を徴収するものとする。

2.共催者
本会には共催者を置くことができる。共催者は理事会において承認される。

附則)1)本細則は平成13年11月24日より実施する。
2)本細則は平成20年11月8日より改正施行する。
3)本細則は平成21年2月6日より改正施行する。
4)本細則は平成22年2月12日より改正施行する。
5)本細則は平成24年11月3日より改正施行する。
6)本細則は平成26年11月8日より改正施行する。
7)本細則は平成27年4月7日より改正施行する。
8)本細則は平成28年11月5日より改正施行する。
(会費並びに参加費は平成29年度より適用する)