漢方治療を脳外科疾患で苦しむ患者さんのために

飯塚会長挨拶

img_iizuka.jpg この度、日本脳神経外科漢方医学会の会長を拝命し、来る2017年11月18日(土)に都市センターホテルにおいて第26回学術集会を開催することとなりました。
 本学会は日本脳神経外科学会生涯教育クレジット(3点)の対象学会となっており、最近では脳神経外科専門医の参加者も増加し、脳神経疾患に漢方治療の応用を試みようとする200名を超す医師達が集い、討議する場となっています。

 今回の学術集会では、特別講演として平田ペインクリニック(福岡)院長の平田道彦先生をお招きし、「痛みの漢方治療 ~脳神経外科領域の痛み~」をご講演いただきます。脳神経外科領域に関連の深い、三叉神経痛、頭痛、中枢痛などの疾患を中心に、「方剤の効かせ方」や「困った時の一手」など、明日からの診療に役立つ漢方治療のコツを豊富な臨床経験からお聞かせいただけると期待しております。
 また、一般演題につきましては、今回も、多数の演題をご応募いただき、厚く御礼申し上げます。応募いただいた演題の中から、優れた演題発表者若干名に対して、会長賞を授与する予定でおります。毎年、大変興味深い内容でとても期待しております。

 本学術集会では、西洋・東洋両医学に偏ることなく、両医学の良いところを取り入れて、患者さんの為に最善を尽くそうとする多くの方々にご参加いただき、活発な議論と交流の場として魅力ある学術集会とすることを目指しております。

 さらに、本学会では学会誌の発刊のみならず、ご覧の学会ホームページを通して、学会誌バックナンバーの掲載論文、過去開催の学術集会記録論文のPDF閲覧を可能にするなど、今まで以上に学会として情報発信を積極的に行って参ります。
 これら学会事業の充実、運営強化のため、本年から、年会費を3,000円、学術集会参加費を2,000円に変更させていただきますので、学会員におかれましては、事情ご賢察賜り、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 末筆ですが、学術集会が皆様にとって実り多い交流の場となることを祈念するとともに、多数のご参加を心よりお待ち申し上げております。



2017年9月
日本脳神経外科漢方医学会常任理事
金沢医科大学 脳神経外科学 教授
飯塚 秀明